海外ラッパー

DaBaby(ダベイビー)の生い立ちやプロフィール、実績、身長などを詳しく紹介

今回は、ROCKSTERやSugeなどでHIPHOP界を騒がしているDaBaby(ダベイビー)について記事を書きました。

DaBabyはまだラッパーになって約5年しかたっていませんが、あり得ないスピードで知名度を上げていき今ではHIPHOPを知らない人も1度は聴いたことがある曲をバンバンと出している超有名ラッパーへとなりました。

そんな、凄すぎるUSラッパーDaBabyを生い立ちから紹介しDaBabyについて詳しく知ってもらいたいと思います。

それでは、さっそく本文へどうぞ。

DaBabyのプロフィール

MC名DaBaby
(ダベイビー)
本名 Jonathan Lyndale Kirk
(ジョナサン・リンデール・カーク)
誕生日1991年12月22日(29歳)
身長173cm
出身地オハイオ州クリーブランド
レーベルInterscope Records
(インタースコープ・レコード)
Instagram@dababy
Twitter@DaBabyDaBaby
YouTubeDaBaby
公式サイトhttps://www.blameitonbaby.com

DaBabyの由来

DaBabyの始めのMC名は「Baby Jesus(ベイビー・ジーザス)」という名前だったが、Jesusというのはイエスキリスト(キリスト教の神様)という意味。

だが、キリスト教の多いアメリカでは批判されがちで、ラッパーとしての活動の邪魔になるため「DaBaby」へと名前を変更。

DaBabyの「Da」はTHEのスラングでまさにあのなどという意味です。「Baby」はそのままの意味で赤ちゃんです。

この2つ組み合わせると「まさに赤ちゃん」という意味になります。

DaBabyの生い立ち

https://www.instagram.com/dababy/?hl=ja

DaBabyは、金融関係の仕事をしている母親軍人の父親のもとアメリカのオハイオ州クリーブランドで生まれます。

8歳の時にノースカロライナ州シャーロットに引っ越します。そこで幼少期の大半を過ごします。

そして、叔父のリックからストリートでの生き方を学びます。

ボム
ボム
DaBabyは5歳の時から普通の仕事にはつかないと決めており、常に大金が稼げる方法を探していたそうです

17歳の時には、叔父のリックから学んだストリートでの生き方や稼ぎ方で高校に通いながら売人を始め、ストリートで成功をしていた。

高校を卒業後は、親を喜がばすために名門のノースカロライナ州立大学に入学します。だが、途中で退学します。

21歳の時にはストリートで稼いだお金で外車を何台か持っていた。

だが、22歳の時に42gの大麻所持と武器を隠し持っていたため警察に逮捕されてしまいます。その後DaBabyは保釈金500万円を払い保釈されます。

この事件をきっかけにストリートの生き方に将来はないと思いストリートでの生活をやめます。

そこで、新しい稼ぎ方を始めようと考え、ラッパーになることを決意します。決意後すぐ、持っていた外車を売りそのお金でスタジオ代などに使いラッパーとしてのキャリアを開始します。

DaBabyの実績

https://www.instagram.com/dababy/?hl=ja

ラッパーになって1ヶ月後にはミックステープ「Nonfiction」をリリースします。

2019年1月にInterscope Recordsと契約をして、自身のインプリントレーベルであるBillion Dollar Baby Entertainmentを立ち上げます。

2019年3月に6つ目のアルバム「Baby on Baby」をリリースします。そしてそのアルバムの中にあるSugeがBillboard Hot 100で87位を記録し、その後6月にトップ10入りを記録します。

2019年9月に7つ目のアルバム「Kirk」をリリースし全米で1位を記録します。アルバム内にあるBOPはBillboard Hot 100で11位を記録します。

2019年、Billboard Hot 100で22曲エントリーしたことでこの年の最多記録を残しました。

2020年にはグラミー賞でDaBabyは最優秀ラップパフォーマンス賞最優秀ラップソング賞の2部門にノミネートされました。

2020年4月には8つ目のアルバムである「Blame It on Baby」をリリースします。このアルバムも2つ目のアルバムに続き全米で1位を記録します。そして、Rockstarは全米で7週連続1位を記録します。

DaBabyのBabyへの猛烈なこだわり

ネックレスでFAMILY GUYのキャラをつけている

https://www.instagram.com/dababy/?hl=ja

DaBabyはFAMILY GUY(ファミリー・ガイ)に出ててくる赤ちゃんのStewie Griffin(ステューウィー・グリフィン)のネックレスをつけている。

Stewie(ステューウィー)は、赤ちゃんですが家族の中で一番頭がよく、世界征服と母親のロイスを殺すことを目標としており、色々な武器を発明して、その機会を伺っているというキャラです。

ボム
ボム
DaBabyとStewieは良く似ているような感じがします。

オムツをつけて登場

2017年に開催されたSouth by Southwest(サウス・バイ・サウスウエスト)ではラッパーとしてはありえないオムツを履いて登場しています。

オムツを履いて登場した理由をこう語っています

「あれは、マーケティング戦略だ」

マーケティング戦略とは、自分の商品をどうやって知ってもらい、どうやってたくさん売るかという一連の流れのことをいいます。

オムツを履いて登場なんて誰も考えないことをやり、誰よりも目立って売れてやるという凄い戦略的なラッパーだなと思いました。

South by SouthwestとはアメリカでSXSW社が主催で行われている音楽祭や映画祭などを組み合わせた超大規模なイベントです。

アルバムのタイトルに8割以上Babyと入れている

DaBabyはとてもアルバムタイトルにBabyと入れています。

KIRK(2019)とBlank Blank(2018)とGod’s Work Resurrected(2016)以外の6個のアルバムにBabyと入れています。

DaBabyの絶対に聴いてほしい1曲

Suge

DaBabyをまだ知らない人はまずこの曲を聴いてほしいです。

この曲は、シュグ・ナイトを題材とした曲で、シュグ・ナイトとは2パックやスヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーなど超大物ラッパーを高額で移籍させたデス・ロウ・レコードの創設者でありCEOです。

そんなシュグ・ナイトを煽るように、偽物の筋肉をつけ黒のタートルネックに金のナックレスで真似をしている。

そして、DaBabyはSugeの中で「シュグ・ナイトみたいに若くしてCEOになったぜ」と自慢し、シュグ・ナイトを煽りつつ時代は変わるということを表現した一曲です。

まとめ

DaBabyがどんなラッパーなのか今回の記事でわかってもらえたら幸いです。

個人的にDaBabyは、とても戦略的かつ鬼の努力家だと思いました。

サウス・バイ・サウスウエストにオムツで登場したり、約5年間で9つのアルバムを出したりととても努力をしているのだなと思いました。

これからのDaBabyの活躍にさらに期待していきたいと思います。

今回は以上です。良いHIPHOP LIFEを。